自殺者が出たと聞いて・・・

今日は、別のことを書こうと思っていたのですが、「火の粉を払え」の新規投稿記事を見たら、
「在韓の日本婦人が自殺した」との記事が・・・・

言葉になりません。
記事によれば、36万双の方で中1の娘さんと小4の息子さんのお母さんだそうです。
詳しい事情はわかりませんが、辛い辛い生活だったことは予想できます。
母として、子供を置いて先立たれたのですから。
「ご冥福をお祈りします」の言葉を、(その方の苦しまれた人生を知らない立場で)軽々しく言うことは出来ませんが、
自殺が罪にならないよう、神様の最大限のとりなしを祈ります。

日本でもこの手の話は表沙汰にはなりませんが、無くはない(有る!)と聞いています。(ネット情報)
由々しき事態です。あってはならない事です。
人を生かすべき教会が人を殺していたら・・・その教会は滅びるしかありません。
その方の死が、教会の改革に大きく結びつかなければ、その死は無駄死になっていまいます。

今回の自殺の原因の情報を持ちあわせてはいませんが、
唯一その行為が正当化されるためには、その方の犠牲によって、死んだ教会が生き返ることです。
そして生き返った教会が、多くの人の命を救うことができれば、その犠牲が無駄にはならないと思います。

現教会、現体制に その力は全く期待できませんが、
食口 一人一人が目覚め! 新しい人生を築き、
まずは幸せな人となり、幸せな家庭となることが出来るように・・・
そして、その幸せの輪を多くの人に広げていくことが出来ますよう願います。

悪魔連合に献金をしないでください!と、必死に訴えられている亨進様の顔が浮かびました。
一日も早く統一教会が新しく生まれ変わる事ができるよう私も精進したいと思います。

霊界にいらっしゃるお父様が、韓国で命を絶たれたお姉さんの霊をとりなしてくださるよう願います。
本当に本当に残念でなりません。

사랑하는 아버님 ・・・・ 잘 부탁합니다.

tennkai

アージュと思ってくださる方は、ぽちっと
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村

広告

自殺者が出たと聞いて・・・」への8件のフィードバック

  1. 2014年の7月に韓国のKBSで放送されていたうちだあやこさんも小学生と中学生の二人の子供を育てています。電話で確認しようとしたら、放送に出る名前は仮名だということでした。字幕を付けました。
    ■日本から来た二人の子供のオンマ、うちだあやこさん
    (韓国語+日本語字幕・3分)

    いいね: 1人

    • 金フジオさん 韓国からありがとうございました。
      마음이 아파요・・・(涙)
      今回の(自殺の)件も、なにか情報があれば教えて下さい。
      私65で、89年に半年だけ世界日報の配達をしていました。
      霊の子も韓国在住(65韓日家庭)で他人事とは思えません。
      もう10年ぐらい前でしょうか、祭壇のろうそくの日が燃え移って幼い子(5人でしたか?)が亡くなってしまった韓日家庭の火事のことがいまだに忘れられません。
      たまに思い出すのです。今お元気でいらっしゃるのか?ご存じないですか?

      いいね

      • ろうそくの火から出火して・・・というのは、ネット情報ですが真実は違うようです。
        人が住んでいるとは思えないようなところに住んでいたのが、当時の食口達のようで、無人だと思われて火を付けられた放火だったようです。犯人は逮捕されたのかどうかまで出ていませんでした。
        どうして、当時訂正の内容を伝えなかったのか?
        考えれば色々と思い浮かびます・・・。
        正しいことが正しく伝わらない組織。

        大嘘ばかりなのに、嘘を認めない組織は静かに消えたほうがいいでしょう。

        いいね

      • ナツミカンさん コメントありがとうございました。
        放火ですか・・・アイゴー。悲しみが増しました。
        正しいことが正しく伝わらない事は、どんな組織にもありますね。堕落人間の性。自己保身の典型でしょう。
        それをなくしていくのが私達の使命ですが、反面教師の対象がわが組織だとしたら悲しすぎる現実です。(涙)
        ここでこんな歌が浮かびました。
        TOMORROW 岡本真夜
         ♪涙の数だけ強くなれるよ
          アスファルトに咲く花のように
          見るものすべてに おびえないで
          明日は来るよ 君のために・・・♪

        いいね

  2. はじめまして。どうぞよろしくお願いします。私も同じく当時参加したものです。懐かしい思い出が蘇ってきました。
     殆どの方が問題を誰かのせいにしている中、こちらのブログは何とかしたいと主体的思いを記されていて、とても共感いたしています。
     この様な問題は、本当に根が深いし問題を特定しずらいですが、亨進様が「沈黙を破って」からスタートした説教を通して、明確になってきました。利権を中心とした、責任者不在の状態。リスクを負わないようにちゃんと計算しながら、極めつけはお母様おひとりに責任を負わせるような組織体制。そして末端の教会までも、善良的なる人々を通して浸透していて、何ヶ所かが改善しようとしても追いつかない状態です。血が通っていないアンドロイドみたいな。
     ですが、真のお父様が亨進様ご家庭を立ててくださり、命がけでそれを全うしようとしてくださっておられますので、これからが本当に希望だと思います。”良心は神様に勝る”とお父様がおっしゃられていたと思います。誰かの意見でなく、私自身で決断するものであると信じます。亨進様の会長就任式で国進様が御挨拶の最後に「옆에있는 사람을 위해 살자」(隣にいる人の為にいきましょう)とおっしゃいました。本当はシンプルなことなんでしょうね。微力ではありますが、そう生きれるように努力したいです。
    お父様がたびたび、100年先・1000年先~とおっしゃられていましたが、その時に悔いの無いよう、日々のサタン(自分)との戦いに精進していきたいです。
     初めてなのに長々と失礼しました。身近には限られた人にしか、話せないので、ブログ主さんの文面から感じるお人柄ゆえ、つい吐露してしまいました。
    ご家族皆様の神様のお導きを心よりお祈り申し上げます。

    いいね: 1人

    • 先駆者さん!!(と、「!!」2個は嬉しさの表現です)
      コメントありがとうございました。
      同じ、コリヤ人なんですね。こぶしの会って言われていたこともありましたっけ? ペダル(配達)本当に懐かしいですね。1989年2月1日。発刊号はボリュームも大きく、自転車の荷台に積み上げるとすごい高さになったのを思い出します。

      「옆에있는 사람을 위해 살자」(隣にいる人の為にいきましょう)ですか・・・皆が同じような気持ちでしたら回り回ってすべての人が幸せな人生になるんでしょうね。いやぁ~、まだまだ修行の人生は続きます。

      先駆者さんと同じように、身近の人にはまだまだ、自分の思いをぶちまける段階に至っていません。筆不精な私が、生まれて初めてと思われるこのBlogを書き始めたのも、そんな自分の思いを吐露する場を作りたかったからです。 なので、人様向けというよりはタイトルにもあるように「自分日記」なんです。
      そんな「自分日記」に、このようなコメントを頂き、交流できることが、なんかすごく嬉しいですし、力が出ます。先駆者さん、ありがとうございます。

      まだ所属の教会で爆弾発言(亨進様支持声明)ができていませんが、もう少し現組織の中にいて(悪魔軍団と言われていますが・・・汗;)自助努力してみます。

      いいね: 1人

  3. 私も時々火事で亡くなった子供達のことを思い出して、どんなに苦しかっただろうかと今でも時々自分の子と話しています。
    放火だったなんて…。 悲しすぎます。

    いいね: 1人

  4. 鈴木 かをるさん コメントありがとうございました。
    この火事のことは本当に忘れられません・・・
    霊界に行かれた子供たちがすくすくと成長してくれていることを信じたいです。

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中