6500家庭・祝福記念日 おめでとうございます。

1988年10月30日。

思い返せば、この日に6500双の祝福を私たちは受けました。
あれから27年・・・
思えばあっという間の年月でした。

韓国についたのは30日の夕方・・・
はじめて会った妻と言葉をかわす時間もあまりなく、すでに集会が始まっていた会場(工場)へ
向かいました。

語っておられたのが、生まれて初めてお会いする 「生お父様」
心に残っているのが 「おみやげはもってきたのかぁ~!」・・・・と。
「燃える心情が、その おみあげ」 だと言われていました。
そして、「君たちは 一人欠けてもいけないんだと・・・」

お父様、本当に懐かしいです。
お会いしたいです。

6500家庭の皆さん

家庭連合で歩む方々、 三男の顕進様を慕う方々、神山先生を慕う方々、第四イスラエルの方々、
サンクチュアリの方々、 その他(おまとめすみません)の信条で歩む方々、
お父様を信じられなくなった方々・・・・
全ての6500家庭の皆様へ

今日を、共にお祝いしましょう。

そして、皆様と、みなさまの家族と、回りにいる方々の
健康と 今後のお幸せを 共にお祈りしたいです。

祝福記念日 おめでとうございます♪

 
「共にお祝いしてくださる方」は、ぽちっと
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

広告

シェイクスピアの言葉より

あるビジネス書を読んでいたら、シェイクスピアの言葉で以下の言葉が目に飛び込んできました。

人の成すことには潮時というものがある。
うまく満ち潮に乗れば成功するが、その期をのがすと、一生の航海が不幸災厄ばかりの浅瀬につかまってしまう。

まさに今がその時なのかと感じます。

ブログカテゴリーの強制移動で、ブログ主に問いただしのメールを送っては見たものの・・・
この騒動も神から与えられたものと思えば、
感謝して その道(サンクチュアリ道)を なおくするために努力するべきと、改めて考えています。

人生には大きな節目節目があります。

今が「潮時」と受け止め、新たな大きな一歩を踏み出す時が来たのだと思います。

亨進様が、米国に渡り 沈黙の歩みをしていたその期間、
何を思い、何を考え、どんなビジョンを構築していたのか・・・
伺ってみたいものです。

「潮時だよね!」と、励ましてくださる方は、ぽちっと
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

ブログ村カテゴリー

前回の サンクチュアリーカテゴリーの続編です。

先日、サンクチュアリーカテゴリーに強制移動になったことは記事にしました。
ブログ管理に慣れていませんが、元の「家庭連合」のカテゴリーに管理者権限で
配分比率が出来ることがわかったので、
以下の比率でとりあえず登録してみました。

UC-NG2

その設定が出来ていましたので、私のブログは 新設「サンクチュアリ教会」カテゴリーと「家庭連合」カテゴリーの両方に登録されていました。

ところが、本日「家庭連合」カテゴリーから 完全に閉めだされてしまったようです。
UC-NG1

以下、米本さんのブログにコメントした内容をこちらにもアップしておきます。

————

米本さん
いつもありがとうございます。

幸せな人生♪ 皆様に祝福あれ!のブログ主です。

ブログ管理に慣れていませんが、カテゴリーの割り振りで、サンクチュアリーカテゴリーが出来た直後は、50%、50%とか・・・「家庭連合」との割り振り登録ができていましたが、
先ほど確認したら、家庭連合への登録は認められなくなっていました。

完全に閉め出しですね。
前にもこのようなことがあったようですが、
さらなるプッシュをブログ村の管理人にした結果でしょうか?

いちおうご報告しておきます。

お父様を皆信じているんだから、
家庭連合、顕進様派、亨進様派、第四イスラエル研究会・・・その他諸派(おまとめですみません)
登録は自由で、その比率は登録する人の自由にすればいいのにね・・・とも思います。

一番トップに立つものは、それぞれの真理に即して「ならぬことはならぬものです」も致し方ない事と思いますが、ほとんど多くの末端の兄弟姉妹は、皆仲良くしたらいいのにね・・・と思うのですが、
現実はなかなか難しいですね。

天国は遠いです。

そういう意味では 米本さんの存在は大きいです。
派閥を裏で結びつける接着剤の御役目をしていただいている事に感謝です。

ありがとうございます。

———-
「サンクチュアリ教会カテゴリー がんばれ!」と、励ましてくださる方は、ぽちっと
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

サンクチュアリカテゴリーに「びっくりぽん♪」

ブログ村のカテゴリーに「サンクチュアリ教会」が出来上がり
私のブログが、いつの間にか「家庭連合(統一教会)」から「サンクチュアリ教会」に移行となっていました。

ブログ村の村長さんからその旨のメールが届き、その事態を知りました。

—–(以下、一部引用)
さて、本日はお知らせがございましてご連絡をさせていただきました。
godblessyou6500さまの上記ブログの内容を見させていただきましたが
大変申し訳ございませんが、
ご参加のカテゴリーを私たちの判断で
下記のように変更(移動)させていただきました。

▼哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会 100%
——-

米本さんの記事によると、現家庭連合からの圧力ではないか・・・? ということです。
(過去にもそのようなことがあったようです・・・)
ヘドログループがまた強制移動に乗り出したぞ!

それが事実であるならば・・・(どうやらそのような可能性が大きいですが)
私のような、影響力があまりない(アクセスがあまりない)ブログまで目を光らせ、
目の敵にし、排除していることは、悲しむべき内容です。

神様の愛を語り、他宗教の人を愛で抱え込み、神様を知らない人に 神様の愛を伝えていくという
お父様との願いとはあまりにもかけ離れていることに、どうか気付いて欲しいと思います。

教会内の大きなイベントが有り、実質ある責任も持っていたので、
家庭連合で歩んでいた私に対して、
「早く出なさい!!」という、神のお告げかもしれません。

と、上記一言はちょっと冗談じみていますが

「人間万事塞翁が馬 (じんかんばんじさいおうがうま)」のことわざのように
これは良い契機のような気がします。

おそらく私達が「サンクチュアリ教会」カテゴリーの申請をしても
認められるにはかなりの時間がかかったかもしれません。

サンクチュアリ人は 「自立する人」 自ら進んで 「為に生きる人」と自認しています。
家庭連合を批判するのではなく、
同じお父様を信じる人として、先駆けて 神様の息子娘の器を作るために、
今はもくもくと努力することが必要と自覚させられます。

献金ノルマがないからサンクチュアリに行くという・・・(反対派がいっているようですが)
サンクチュアリではなく、

本当に、そこに真理があり! なによりも、なによりも 「神様の愛」があり、
「兄弟姉妹を大切にする組織」があり、
地域社会にとっても、日本にとっても、世界にとっても 「必要な教会」と思われる
私達になることが大切と感じます。

サンクチュアリブログカテゴリーの皆様!
そんな私たちになりましょうね。
☆ファイティーン!!☆

そして、多くの人が こちらのカテゴリーに登録してくださることを願います。

サンクチュアリカテゴリー出帆記念と致します♪

「サンクチュアリ教会カテゴリー 出帆ありがとう!」と、励ましてくださる方は、ぽちっと
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

世界平和統一家庭連合(旧・統一教会)出帆記念大会  映像チームの方々へ

準備、放映など お疲れ様でした。
統一村のブログをいくつか見ましたら、現場(おそらくみんなで集まった教会と思いますが)で、
会長人の メッセージが、通訳音声とだぶってよく聞き取れなかった・・・との書き込みを見て、「びっくりぽん」です。

ここに書いて、当事者に伝わるか疑問ではありますが、
純粋な食口があまりにもかわいそうですので、改善をお願いしたく少し書きたいと思います。

※そもそもプロではない 私のような素人人間に指摘されること自体が、問題だと(お恥ずかしいことだと)思っていただけましたらありがたいことです。

第1に、現場で音声調整をするのは不可能! L,R音声が調整されず、ミックスされて流れる事を前提に考えて下さい。
⇒ そうであれば、配信段階の前で 通訳音声:会長音声=7:3 か 6:4 ぐらいの音量バランスをとって配信すべきです。(5千円ぐらいのアナログミキサー一つかませば簡単ですよね。)

第2に、現場の担当者に、本部から指導してあげて下さい。全国総務部長会議なんかあるんですよね?
対策とか、献金報告のしかたとか・・・そんなことより、これも重要です。
⇒ 受信したパソコンの音声ミキサーで、L,Rの音声調整が出来ることを教えてあげて下さい。

ネット配信は今に始まったことではありません。
いまさらながら、教会で 「音声が聞き取れなかった・・・」というブログの書き込みを見て驚いています。
配信がダメ配信でも、音量調節は現場でも可能だということを教えてあげて下さい。

なんか・・・もう・・・悲しくなっちゃうんですよね。
純粋な 食口をもっと愛して下さい。
聞き手のことを考えれば、音声レベルの調節なんて 簡単にできるんですけどね。
全国に配信してるんだったら、会場より多くの人が見て、聞いていることを考えて下さい。
お願いします・・・・(祈り)

それと、祝歌 は 歌が全く流れませんでした。 口パク。
きっと素敵な歌声だったんでしょうね。
歌った方は65の方と思われます。(多分。懐かしや・・・)

それと!!
ミュージカルの映像はいかがなものでしょうか?
私、少しはハングルわかりますが、ハングルわからない人は何を言っているのか
演者の後ろのスクリーンに 翻訳文が流れているんですから、
映像は、もっと引いて 翻訳が映る画像でいいんじゃないですか?

または、(技術的にはちょっと頑張れば問題なく出来ますので)配信用の映像の下に
通訳を流す・・・  出帆大会ならそれぐらいしても・・・
と思います。

もう言えばきりがないのでこれぐらいで終わりにします。
とにもかくにも、ちゃんとやってくださいね。

いつやるの?
hayasi

「いまでしょ!・・・」と、思う方は、ぽちっと
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村.

世界平和統一家庭連合(旧・統一教会)出帆記念大会に思うこと

世界平和統一家庭連合(旧・統一教会)出帆記念大会の生中継を
インターネットで見ました。(自宅:ユーストリーム中継で)

二世の方が プレゼンをしましたが(TEDふうに)
はっきり申し上げて、とても残念でした。

この世に対する、具体的な成果やビジョンが全くありませんでした。
観念的な内容でなく、二世が語るんでしたら、二世のアイデンティティを通して、
世の中に対してどのように変化を与えることが出来たのか・・・
そのような証が、とても重要だと感じます。

しかし話の内容は、内部的にのみ通じる、
父母様の願いが両親の願いであり それが私の願い・・・という話や
以下の様な内容でした。(要約)

・平和へのチャレンジャー 心は夢に燃えていますか?
・良心革命 良心の基地が家庭
・夢が1代に終わらず 2代 3代  百代・・・と
・家庭が大切 家庭が夢にむかっていく
・幸せな家庭 躍動する日本を作っていきましょう。

※実際は、外部にも影響をあたえることの出来る 二世の証などは
色いろあるんでしょうが・・・それをこのような大会で発表できないところに
内向きの体質が現れていると感じます。

あまり批判ばかり言いたくはないのですが、中継もお粗末。
映像を見ている人向けの配慮がまるでありません。
特に音声と、韓国語の翻訳字幕。
祝歌なんかは、まったく歌声が無音でしたし、ミュージカルの字幕は
配信向けには全くありませんでした。
これは光◯社の映像チームが数十年もスタッフが固定化されていて、
技術進歩の努力がなされていないんじゃないかと、
今までのCH関係の配信を見ていて、いつも感じています。
(場面変わりのスイッチャーのタイミングなども、ひどい時があります。)

音声ミキサーを使って、ちょちょちょ・・・と、調整すれば
音声なんてどうにでもなるのにね。(要は、意識と配慮の問題です)

私も人様の事を言えた立場ではありませんが、
日々の努力、変わるためのチャレンジが欠けているのではないでしょうか。

いずれにしても、「出帆記念大会」は、内部に対する自己満足大会だった
と言わざるを得ません。

※こんなところに、否定的なことを書いても 何の影響力もないし、
気分も優れませんが、せっかく書いたので「公開」ボタン押しておきます。

「そうだよなぁ・・・」と思ってくださる方は、ぽちっと
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村