2015年を振り返って

食口の皆様お元気様です。
今年も残すところ2日となりました。
皆様方にとって、今年はどんな年でしたでしょうか?

私にとってはまさに激動の一年。新しい出発の年となりました。
19歳の大学生の時にみ言葉と出会い入教。32年お世話になった家庭連合からの脱会。サンクチュアリ人となりました。今は自分の使命と責任の重大性に遅まきながら気付き、2016年のビジョンを考えながらこの年末を過ごしています。

私は親から愛され、主体性を重んじる教育を受けてきました。「主体性を重んじる」などという言葉を使うとちょっと難しいですが、わかりやすく言えば「やりたいことをやりたいように・・・」子供を信頼して遠くから見守ってくれている。そんな親でした。
実際に親になってみるとそのことの難しさを感じます。

そんなわけで人に「こうすべき」「ああすべき」と・・・アドバイスすることが苦手です。ついつい、その人それぞれの「生き方」があるじゃない・・・と思ってしまうのです。サンクチュアリ人になったのも、誰から誘われたわけでなく、ネットで亨進様のメッセージと出会い、残念ながらお母様の現状を知り、自分で判断し、サンクチュアリに来ました。

さらに悪いことは、楽天的な物事の捉え方をしますので、なんとかならなくても、「なんとかなるんじゃないか・・・」と考えてしまう癖があります。それで「救い」についても、どうせ最終的には全人類、全霊界人が救われるんだからと・・・真剣さが全く足りませんでした。

しかし、ご存知のように、摂理には絶対的に外せない「時」というものがあります。お父様はまさに、その限られた地上における「時」と「果たすべき責任」と闘ってこられました。地上における時間には、限りがありますし、その時における恩寵(神の許し)は限られています。

さて、今日言いたいことの結論は、「真のお父様の権威に戻る祝福」の恩恵の期限が迫っているということです。先ほど私は、
 ☆人に「こうすべき」「ああすべき」と・・・アドバイスすることが苦手です。☆
と申し上げましたが、「真のお父様の権威に戻る祝福」については、「絶対にそうすべき」だと私は言いたいのです。
特に、長年共に苦労をしてきた皆様方には、声を大にして言いたいし、耳を傾けていただきたい・・・
期限は天基7年天暦1月6日(陽2016年2月13日)です
詳しくは 戻る祝福のページ
家庭連合に脱会届を出さなくても、お父様の権威に戻る祝福を受けることは可能だと私は信じます。愛と許しの神様とお父さまはそれを許可してくださっていると私は思うのです。

心に少しでも感じることがありましたら、お問い合わせ下さい。全国対応させていただきます。
サイバーサンクチュアリ教会所属 さいたま市教会長・小林
E-メール: godblessyou6500@gmail.com
電話:050-3552-6681 (留守電の場合はメッセージ入れて下さい。折り返しさせていただきます)

「サンクチュアリ教会に希望があるなー」と、思ってくださる方はぽちっと
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中