お父様に侍る道

お父様が聖和されて・・・実態でお会いできるチャンスは永遠になくなってしまいました。
ジャルジンで、お父様と生活を共に出来るチャンスもありましたが、わが家庭は参加せず、
後悔だけが残っていました。

でも私たちは幸せです。
ペンシルバニア NewfoundlandのサンクチュアリCHには、亨進様・国進様のご家庭がいらっしゃいます。
その教会には、懐かしい「お父様の香り」が充満しています。
教会に着いたメンバーに、キャンデーを手渡してくれる信俊くん。日本語で「翼を下さい」を熱唱してくれる信萬くん・・・
亨進様がお父様と生活をともにされた貴重な2年間の話を、インタビューで語ってくれていますが

ですからこの2年間はお父様が与えて下さった貴重な時でした。これを理解していなければ、今頃、後継者、相続者として「関係性」や「関わり」ではなく「宗教」を教え続けていたことでしょう。計り知れないほどの転換でした。それがなければ、共に生きる人間としての神の人、キリストを語らず、レバレント・ムーンの神学を講義していたでしょう。

大きなお父様の贈り物であり、恩寵でした。

お父様の愛を完全に相続された亨進様が、私達にお父様とともに生きる道を教えて下さいます。

サンクチュアリのメンバーは本当に幸せだと、心からそう思います。

幸せいっぱいな 3000家庭の祝福家庭の皆様!!
ともに励んでいきましょう♪

hyonjinnimu

「サンクチュアリ教会に希望があるなー」と、思ってくださる方はぽちっと
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中